うつ病女の徒然日記

よろしくお願いします。文章書くのが好きです。

0204

春の気配がする。
と同時に気分めちゃ不安定になる。

私、母親のこと昔メチャクチャ憎んでたんですわ。
それなりにひどいこと言われたりしたしね。
だったのに、一人暮らし始めたら嘘みたいに静かで、快適なはずなのに寂しくて心臓がぐわーっと締め付けられて、
あ、これやばいかも……とワイパックスガバガバ飲んだ。
昨日の夜、母親と別れてからずっとこんな調子で。
大丈夫か私??死ぬのか??
家にいると姉からも母親からもうるせえかまうな!!!ってぐらいべたべたされたり話しかけられたりしてたので、その反動がすごい。
病院行こうか迷ってます。でも美容院あるしなー。うーん。
でもやっぱいっとこう!!!!!!薬の減りが激しくなりそう!!!

ラミクタール、復活しそうだな…。寛解への道は、遠い…………。

0107

ちょ〜〜〜〜久しぶり。お元気?
私は意外と順調っぽいです。
それはさておき、最近思ったことをほそぼそと。

私が最近やっている仕事の中に、バイトを募集する、というのがある。
その内容はあんま具体的には言えないのだが、まあ商品を購入するモニターのバイトといったところで、自宅にいても特にこれと言ってリスクも体への負荷もなく出来る仕事だ。
家から動けないひととかいいと思う。それはさておき。
そういう仕事がもっと増えてもいいよね。
病気持ちのひとには正直就活とか、毎日決まった時間に出勤するとか、意外にハードルが高いことに世間のひとは知らないもので。
私の家族も「次があるよ!」「何度でも挑戦しよう」「気長にやろう」と言ってはくれるが、私自身そんな気力は無かったし、病気でズタズタなハートに「何度もトライ」は難しいのだ。

それに周りのひとは言うだけだから簡単だ。実際に自分が職を探しに行くのでもないし、面接を受けるのでもない。医者も家族も気休めしか言わない。何もかも結局は自分で何とかしなくてはならない。
まあそりゃあケースワーカーとかも相談には乗ってくれる。が、現状打破する確実な手だてはくれない。
実際問題お金ないと就活もしようがないのだが…。

私の就活の話をすると、
結局一件しか受けなかった。受けられなかったといっても過言ではない。吐き気がひどく憂鬱で、何故こんなことをしているのかと惨めになりながら行った覚えがある。
面接に行った先は病院で、電話をバンバン取る仕事だった。私は接客が苦手だし電話は特にダメだ。なんで受けに行った…?
おまけに「四則演算出来ますか?」ときた。
おいおい、経験不問って書いてあったじゃん。多少パソコン使えればいいよ!って書いてあったじゃん!簡単なこと出来ればいいんじゃなかったのか。
この通り、スキルや知識が求められた。障害者相手でも容赦ねえ。
慌ただしい現場だとパニックになります、と素直に言ったらバカをみた。目の色が変わってパニックについて聞かれて、「こりゃダメだ」と思った。
結果はもちろん落ちました。それからまたハローワークに行ったり来たりを繰り返し、書類を書いて応募…と気が遠くなった。えっこれあと何回やんの?普通の人はこんなこと100回近くやったりしてる?いやいやムリでしょ…。心折れるわ。まずハローワークが嫌いになるよ。実際行きたくなくなったもん。

生きるモチベーションのない人間にあれこれ言うのはお門違いだよなあ、と思う。出来ないもんをやらせても出来ないよ。努力云々じゃなくて、精神障害者のほとんどがやりたくないこと無理強いされて出来なかったから障害になったんだし(多分)。
まーそれでも言ってくるんだよね。頑張れ生きろプレッシャーヤバイよね。こっちは支えて欲しいし、回復するまでメッッッチャクチャ長い目で(下手したら一生)見てほしいんですよ。何もしなくても、生産性のない存在でもここにいていいよと言ってもらいたい。
すっげー高望みなんだけど。

今の私が作業所のひとや上司に認められているのも、一重に頑張ったからなのだ。それも他人から見ても頑張っていると判断される頑張りだ。
だから親切にしてくれたし、必要としてくれた。
別に私の人間性云々ではないのだ。
頑張る人間には光が当たる。つまり自力で光の方へ這ってでもいかねば光は当たらないとも言える。
しんどいけど、死にそうだけど頑張ってますよ、ってのが世間のひとは好きなのだ。
かったるい根性論ですね。

ぶっちゃけお金さえなんとかなれば精神障害者の大半が生きる気力を多少取り戻すと思われるが、国がそんな簡単に金出してくれるとは思えない。
つーか障害年金難しくない?色々と。診断書とかも金かかるわりに通るとは限らないとか、鬼畜では?
無職で金がヤバイけど職が見付からない(普通のアルバイトムリ)時に医者に相談したら障害年金勧められて、ケースワーカーに言ったら厳しいだろうけどやってみれば?みたいなことを言われ、あーなんかもう無理だ働くしかねえってなった。

0903

就職して、半年目。これまでのことを軽く振り返ろうと思います。

まずはよく半年も働けたな、という自分への褒め言葉です。

私は正直三か月持てばいい方だと思っていたので、六か月も続くとは思いもしませんでした。

最初の一か月はつらかったです。

一日が長くて、職場でご飯を食べるのもイヤで外で食べていたのを思い出します。

それと、肉体労働で激しく体力を消耗してしまい疲弊のあまりダウンしたこともありました。

苦手なタイプの方もいて、休み時間などプライベートな時間まで話し掛けられたりすると怯えてしまい逆に突っ撥ねた記憶もあります。

うちの作業所は暇があると国際郵便という海外向けの商品を発送する際に折り紙を封入するのですが、その折り紙を折るよう休み時間に促されたりしたこともありました。

それから、お昼になると同じオタク仲間と分かって嬉しかったのかご飯を食べるのに集中したいのにわざわざ話し掛けられた理して嫌な思いをしたこともありました。

今苦手な方としては、発達障害で精神年齢がおそらく小学生で止まっている方(職員さんもそんな感じのことを言っていた)なのですが、その方との距離もうまく取れずにいます。

やはり働くにあたって人間関係というのはネックになりがちですね。職員さんに相談すれば済むことなのですが、自分で解決する方法を早く見付けたいものです。

 

その前に、早く就職しなければという想いもあります。

私は今月から本格的に就活を始めようと思っています。

出来れば面接も何件か受けに行きたいです。

ですが、軽い躁状態が続いている状態で受けにいくとその反動で落ちた時のうつ状態が酷くなるのではないか、と医者からもケースワーカーさんからも危惧されています。

ですが、私は早く就職したいんですずっとa型作業所にいるつもりはないし、いたくもありません。

私は早く普通の人になりたいんです。

障がい者になってしまったからには仕方の無いことだとしても、「普通」に手を伸ばし続けてしまうのです。

家族は私のことを「普通」だと言います。

大学時代の先生方も私を「普通」だと言います。

でも腕に無数のアームカットの痕がある普通の人なんていません。

自殺未遂をする普通の人もいません。

普通ってなんなんでしょう。

とにかく、やるしかないのは分かっています。それに私自身一歩踏み出さなければ依然として事態が変わらないのも分かっています。

何とかして現状を打破したいのです。

 

今日は息抜きにお休みを入れましたが、ハロワにも寄る予定です。一社でもいいので面接をもぎとってきます。

ではでは。

0828

作業所勤務して半年が経ちました。
就活に向けて本格的に動くので、ケースワーカーさんに相談を。すると、障害者就労センターに登録に行くよう言われ、さっそく明日行く予定にしました。なので半日休みです。
ケースワーカーさん曰く、とにかく焦るなとのこと。私は確かに焦っている。早く普通に働きたいという願望が強く、焦るのも無理ないと思う。
だけど堪え時なのかな、とも思います。
早く普通になりたい。普通の人のように働いて、お金を稼いで、好きなことに使いたい。そんな思いが日々強くなります。
軽い躁状態が続くので、体調とメンタルを気にしつつ頑張ろうと思います。ストップすることも覚えないと。

0723

今日は給料明細をもらえました。やったね。

月8万ではありますが、汗水流して働いてきましたから、やっぱり嬉しいですね。

お金ってすごいです。マネーイズパワー。マネーイズハッピー。

お金が無い時の絶望感、死にたさは半端無かったのですが、私は取り合えずお金があれば幸せになれるみたいです。

・・・と思っていたのですが、なんだか最近うつの波が来てます。

反復性うつと診断されているだけあって、やっぱりうつが来てるんだなあと思ってます。落ち込むというよりそわそわ、多弁、強い眠気、など今までにあまり無かった症状が出てきました。

なんなんでしょうね。これ。

喋りたくて喋りまくって、でも人がうるさいのは嫌いで、変な感じです。

衝動的に出かけたくなったりして、ちょっと自分でもおかしいと思い始めています。

もうすぐ就労五か月目。頑張っていると思います。

ガンバってばててしまっているのかもしれませんね。疲れているのにハイになるって、本当にうつなんでしょうかね。先生はうつっておっしゃってますけど。

下がっているのか、上がっているのか、というと下がっているのでしょうが・・・。

分からないけど、また医者に相談ですね。

明らかに変ですから。

半年は頑張って、そっから、そっからだなあ。

どうしようか。迷っています。

まあ、その前に楽しいことやればいいと思います。

今しか出来ない楽しいことってあると思うから。

ぼちぼちやっていきましょう。

0614

四月の私へ。

お元気ですか。全然元気じゃなさそうだったのでかわいそうだなあと思いました。

今の私は土を裸足で踏み苗を植えたりしながら眠い眠いと毎日ぼんやりしながら働いています。色んなお仕事を任され、周りの職員さんも私のことを認めてくれています。良かったね。散々な目にあったけど、ちゃんと培ってきたものが活きています。

貴方が恐れていたものはじわじわとやってくることもあるけど、始まったばかりの道に息切れしそうにもなってるけど、ちゃんと色んなものと繋がって、笑って、生きてます。

いつ死んでもいいように、生きていければいいなと思います。

死にたくなっても私は死ねないような気がするし、でも死にたくても今の私の頑張りをムダだったと侮辱するような言葉だけは言わないでください。

それは生きようとして何とかやってきた私に対して失礼だと思います。

死にたくなったら死ねばいいと思いますが、もったいないとだけ言っておきます。

ちっぽけだし、大して面白くもないし、意味も無い人生だけど、捨ててしまうのは惜しいんじゃないでしょうか。

だからあなたは死ななかったんじゃないでしょうか。

私はやれるだけやってみます。

今もまだ頑張っているひとにも、希望がありますように。

0401

こんにちは。

a型作業所に通い始め、一か月が経過しました。

初めの一週間はひどく疲れましたが、今は「その場に行って指示されたことをやる」だけでいいので気楽に働けるようになってきました。

もちろん仕事内容は覚えていないにこしたことはないのですが、分からなかったら聞けばいいし、何度確認してもミスするよりはマシという感じなので・・・

一般で働くとなると、「前教えたのになんで出来ないの!」と言われそうなものですが、そこまでの能力を期待されている訳では無いので安心しています。

a型作業所は悪い印象や評判をつけられがちですが、言う程悪くないのかな、と個人的には思います。まあ、まとまったお給料が入ったとしても全部クレカ代やらスマホ代、医療費、交通費に消えていき自分の使えるお金はかなり少ないのですが・・・金銭面を取るか、メンタルを取るかで考えた末今の状況にあるので、お金に関しては贅沢せず細々とやりくり出来るようにセーブしていけたらな、と思います。

仕事が無い時間は折り紙折るだけで終わったりもしますしね。あれで時給発生するんだから今の賃金より低い賃金で働いている人もいるんだと思うとなんだか複雑な気持ちにもなります。

 

明日からはいよいよ新体制です。

朝礼後、生活支援時間という特に用事が無い人は暇を持て余す時間が30分あったのですが、それが無くなります。その分給料が増えるし、変に時間潰しをしなくてはならなかったのが無くなるのは喜ばしいことです。

そして、リスカ自傷行為をした場合解雇の対象となるそうです。

ぱっと見私以外リスカ(アムカが主ですが)をしている方は居なさそうなので、私一人だけヒヤヒヤしてました。多分。

全国的にそうなのか、はたまたうちの作業所だけなのか・・・真相は分かりませんが、そういうことらしいです。

自傷ってそこまで悪いことなのか?と物心ついた時から切っている私には実感がありません。

解雇して欲しくなったらリスカするか、とか下らないことも考えましたが、馬鹿馬鹿しいので当面は「やったらクビになるから止めよう」と自制するようにします。

 

本当は一般就労へ二か月通えたら移行しようかとも思っていたのですが、ケースワーカーさんや家族との相談の末取り合えずもう少し様子見しろと言われました。

ケースワーカーさん曰く私は気が移りやすいとのことで、確かに私は次へ次へと気が移りがちなのは自覚し始めています。

派遣でもパートでも、一般就労の方がお給料はいいし、何より自分のやりたいパソコン扱う仕事をすることが出来ます。

ですが鬱の波があと二か月もすれば激しくなると今までの経験からなんとなく分かってきて、周りもそれを知っているので「様子見」しろと言っているのだと思います。

鬱状態がひどくなったタイミングで新しい環境に行き、新しい仕事をするとなると確かに厳しいものがあるでしょうから、三か月か、半年か・・・分かりませんが、自分が「仕上がっているのか」を周りに聞いてみるといい、と言われました。

普通の人たちと普通に仕事が出来るレベルまで達しているのか、それを自分の目だけでなく周囲にも見てもらえということでしょう。

それこそ職場での働きを見ているスタッフさんに聞いてみるのもいいらしいです。

まあ、障がいのある人の中では比較的働ける部類に入っていると思うのですが、普通の人の中に放り出されたらポンコツと化すのが私ですからね・・・

障害年金についても話し合いました。

貰えるかどうか、賭けに近いですが試してみる気ではいます。

ただ、一番最初に通っていた病院に行くまでの費用と、診断書にかかるお金を稼がないといけないんで、そういった意味でも道のりは険しそうです。

 

話は変わりますが、担当医に「自分はただのうつ病なのか?」と聞きました。

ブログの他にSNSもやっているのですが、そこで知り合う方が殆ど双極性障害の方ばかりで、話を聞いていると自分にも当てはまる部分があるような気がしたので聞いてみました。

すると、「反復性うつ病」の可能性が高いとみているそうです。

特に理由も無くなく何か月かおきのスパンでやってくる激しいうつ状態はそのせいだったのかと納得もしつつ、担当医が色々と私の病気のこと、私自身のことを考えてくれているんだなあと最近になってようやく分かってきたりもしました。

 

前職は半年にも満たないうちに辞めましたが、今度はどうなることやら・・・

三か月くらいを目処に、今は頑張ってみようと思います。

一か月めはぼちぼち頑張れたので、二か月目も適度に頑張る、というかとりあえず週5で行っては帰り行っては帰りを繰り返すだけの作業なんだと思ってやってみます。

急に熱くなったりと気候の変化も激しいので、ゆるくやっていきます。