ここはたのしいホスピタル

よろしくお願いします。文章書くのが好きです。

0807

最近は仕事をがんばっています
試用期間が終わり、正社員になった途端ボス的なおばさん(別にその人が一番エライと言うより長く働いてるだけ)に注意を受けました。
その言い分からすると、私が何回も同じようなことを聞いたりミスしたりするので、先輩から言われたことは真摯に受けとめなさいね、正社員なんだから
とのことでした。
お局おばさんは魔法の言葉のように「正社員」をよく唱えてきます。
私はそのものがショックだったのではなく、
真摯に、と言われるからには不真面目にやってるように見えたんだろうな、と言うのがひとつ。
そしてそれを比較的優しい先輩の二人がお局さんに言っているのを想像した時にまた波が来てしまいました。
職場は三階にあって、見下ろしたらそこそこ高さがあったのでこっから飛び降りてみるかなあとも思いましたが、損害賠償金とかが面倒だよなあ、と止めました。
けどその日から何故か、昼休みの時間になると涙が訳もなく出てきて、ああこのままだと脱走したり暴走したりしかねないな、社会人にもなってそれはまずいよなと思い、早めに入れそうな心療内科にようやく行きました。

ずっと行こうと思ってて、でも大丈夫だし、と思ってたのがここに来て嫌な流れになってきたので、周囲に迷惑だなんだと言われる前に自分で対処せねば…私は今までの心療内科の先生や、喧嘩別れしたカウンセラーのことを思い出し、失敗したら次はどうしよう、と思っていました。

心療内科の先生は終始優しいトーンでした。死にたい、死のうとして失敗した、海に自分で入ってダメだったから帰ってきた…そんなことを話した私に、
「生きてて良かったですよ」
私としては、仕事だからこう言ってくれてるんだな、と思ってしまいます。何故?とは聞けませんでした。
「今はまだ分からないだろうけど、悪いことばっかりじゃないから」
そりゃそうです。私も別に何も楽しみが無いわけでは無いのですが、うすぼんやりと、でも確実に「死ななければ」という意識に付きまとわれている故にその考えを受け入れられず、次の予約と、カウンセリングの方もなるべく早めに回しますねと言われ、帰りました。

久しぶりにメンタルのことを口にして、でもやっぱりまだ警戒は抜けきらないな、と思いました。

0704

昨日大学に行って、先生方に近況報告をしました。
でも先生方も疲れていて、とても忙しそうで、話を親身に聞いてくれましたが、あまり行かない方がいいのかな、と思いました。
母親がまたお金ないヒステリーを起こし泣いていました。でも、私達だってあの人に渡してばかりは無理だし、遊びに行くお金が無いからって泣かれても困ってしまいます。
それで「私が嫌いなんでしょ、邪魔なんでしょ」と言ったりメールで送り付けてくるあたりが、やはり私の母親らしいなあと思いました。
遺伝してるんでしょうね、そういうのが。
誰にも頼らず、一人で生きていけるようになりたい。
他人に依存しなくても、自分のやりたいように、自分を大切にして生きていきたい。

また胸のあたりに穴ぼこが空きそうで怖い。

0601

一か月ぶりくらいに書きます。

四月末、自殺しようと海に飛び込んでから、大学の先生たちがくれた希望のおかげでなんとか就職活動に励みました。

そして採用され、一か月間働きました。

まだ働き始めで動きはとろいし、トークも下手で毎度ダメだなあと思いますが、それでも朝起きて、向かうべき場所があって、自分に出来ることもそれなりに増えてきて、仕事もそこそこ振ってもらえるようになりました。

 

医療職なのでユニフォームがあり、更には半そでなので腕にある無数のリスカ・アムカ跡を隠そうとファンデーションテープという肌色の保護シートを貼っていたのですが、かゆくて傷口がテープの内側で膿んでしまい、またテープをその上から貼ってさらに傷口が悪化する、という悪循環が生まれました。

なので最近は長袖をユニフォームの下に着てやり過ごしてます。

 

やりたいとか向いてるとか、今の仕事について私はそういうことは感じられません。

ですが患者さんはお金を払って処置を受けに来ているし、雇い主からお給料をいただいているので真剣に取り組んではいます。

仕事は行けばいいだけ、だからそんなに気負うことはないと誰かが言っていて、確かにそうだなあと思います。

先輩やスタッフさんはいい人だし、居心地も悪くないです。

 

よくあんな状態から今までもってこれたなと感じています。

死ぬという私の本質的な望みは遠く、生きるのも死ぬのも諦めてしまっているからでしょうか。

私はこの先、なんらかの期待や希望を自ら持って生きていくことは今のところは出来そうにありません。むしろ、それでいいのだと思います。

感じるだけ、考えるだけ意味の無いことだし・・・

取り合えず、自分で稼いだお給料をはやくもらいたいですね。

 

あと、父親の基地外度が上がりました。

よく怒鳴りちらすようになりましたし、あとは水道代とか電気代を自分のぶんしか払いたくない、みたいなことを言ったらしく、結局は食費は私たちと父で別に払うことになりました。

まあ要するに、私たちを養う義務をもう放棄してしまったという訳です。

自分のお金はしこたま持ってるんですよ。だってギターやらなんやらがいっぱい部屋にあるし、しょっちゅう遊び歩いてるし・・・

なんであんなクソ野郎と結婚したのか、本当に私の母親は人を見る目が無いんだなと思いました。

母親は父の話となるとよく「私って人を信じやすいの~」とか「父親がいなかったからそういう感覚がわからない」とか的外れなことばっか言っていて、この人もダメな大人だと落胆しています。

ダメ男が好きで結婚するのは別に勝手にしろって感じなんですが、その間に生まれた子供がどんな思いをするかなんて考えもしないんでしょうね。

そんなこんなで姉と母は口論したらしいです。裁判に訴えるべきとかどうのこうの。

この家は本当全員おかしい。私含め、未発達な人間ばかりで、どうしてこうなったんでしょう。

 

とりあえず、お給料入ったら心療内科行きたいな・・・

 

 

 

 

 

0430

こんばんは。結構久々に書く気がします。

とりあえず職に就くことが出来ました。

ご縁があった所に行くのがいいんでしょうし、所属が無いことに居心地の悪さもあったので明日から頑張ってみることにしました。

 

それと、一つ歳を取りました。

誕生日までに死ななくてはと思っていたのに、失敗してのこのこ帰って来てしまったからには前に進んでみるしかないんだろうと思います。

ただ、自分が生きていることって、とても気持ちが悪いというか、違和感があるような気がしてならないんです。

私の役目は終わっているのに、どうして生きなければならないんでしょう。

何の病気や事故にも合わなければ何十年も生きなければなりません。

命を誰かに渡せるシステムがあったら良かったんですけどね。

生きる希望とか、未来とか、そういうのがちゃんとあって、意志がある人に私の時間をあげられたら、それなりの社会貢献になれたんだけどなあ、とかしょうもないことばっかり考えています。

近い将来、あったらいいのになあ。

 

0420

あれから少し日が経ちました。

お借りした洋服や靴を返しにもう一度大学に行ったところ、先生方が色んなアイディアを出してくれました。

大学に向かうまでの道のりがすごく遠くてしんどくて、家を出てからずっと、私は家族を殺す妄想をしていました。

私が死のうと本気で思ったのを、パフォーマンスじみている、演技がかっていると言ったり、私には構っていられないと軽んじたり、

あの人たちは私を舐めているんだなと思いました。

私だったら、海に飛び込むぐらい追い詰められた人間が家にいて、更に自分たちを恨んでいると分かったら、怖いと感じてしまいます。

また、苦しいのより痛い方が、ずっと楽だなと気付きました。

だから私は、痛い方を選んで、腕を切ったりしていたのだと分かりました。

分かったところでどうしようもありませんけど、やりたくなくてもまた切ることに頼るしかないのかな、とも思い大学に向かいました。

 

先生たちは本当に親身になってお話を聞いてくれて、私が家を出た方がいいと感じたことに対し、取り合えず三か月くらいで三十万を貯めて、大学付近であれば学生街なので家賃が安いのでその辺りで住んで、それまではバイトをしながら正社員の為の就活も合間にするのがいいんじゃないかという話になりました。

明確な目標が無かった私に、それは希望になりました。

さらに、正社員になることが不安だったとも言っていないのに、その案が出て、この人たちは私に無理がないようにと思って色々考えてくれているんだと思いました。

 

お話している間は楽しいのに、頑張って働こうと思って面接を入れて出かけてなるべく家に居ないようにしていても、胸に空いた穴が埋まらなくて、ふとした瞬間に大きくなって、不安が押し寄せて、起こっていないことまで色々と想像して、頑張りたいのに怖くなってしまいます。

私が正社員にならずにバイトを選んだらきっと怒ると、ましてや専門外の仕事を選んだらせっかく就活代をあげたのにと怒られそうと感じてしまいます。

誰も怒ってなくても、そう感じてしまう自分がまたいやになって、どうしてこんな罪悪感に駆られて生きなければならないのかとも思いますが、全部自分が悪かったのだと思うことに帰結してしまって、どうしたらいいか分かりません。

 

メールでカウンセリングも受けていますが、結局最後にはゆっくり眠って下さいということにしか行き着かず、ゆっくり眠っていたら怠けていると思われそうで怖くなります。

この家は家族というより、会社という言葉が当てはまります。

システムに反する人間は順応できるまで調教されるんじゃないかと、思ってしまいます。

明日が来るのが怖いです。

 

0418

昨日海に飛び込みました。
しょっぱくて冷たくて、海に入ったの久々だなあとか呑気なことを思いました。
それも一瞬で、足が着かない所まで行ってみたはいいもの思ったより上手く体が沈まない。

気付いたら陸まで何とか戻ってきてしまいました。この間およそ3分もしてなかったと思います。
一回上がるともう一回行かなきゃ、死ななきゃと思うのに決意が鈍り、砂浜でどうしようどうしようと思っていたら雨足がどんどん強くなって只でさえ全身海水浸けなのに雨に打たれてどうしようもなくて、泣いても現状は変わらないし、でもこのまま帰ったら明らか不審者だし………
たまたま大学近くの海に来ていたので、ご迷惑お掛けして申し訳ないと思いながらも、先生方に助けを求めてしまいました。

何となくで入った筈の大学でしたが、先生方がいい人ばかりで本当に救われました。
迎えに来てくれて、服を貸してもらったり、温かい飲み物を入れてお菓子までくれて、私の話をじっくり聞いてくれました。
病院に行って話を聞いてもらえるかまで聞いて下さって、曰く親と一緒に話を聞くのが良いとのことで、親に連絡をして、病院にも一緒に行ったりした方が良いんじゃないかと提案してくれました。

親とはまだ何も話してませんが、地元へ迎えに来ていた姉には顔を合わせて早々蹴られました。
別に、私が嫌いで言ってる訳ではないと思います。
でも、そうやって死のうとしたりして楽しい?あんたって本当ガキだね、死ねなかったら先生達に助け求めて甘えるんだもんね、と言いました。
思いやって言ってくれてるにしても、傷付きました。
そんなこと言われたら、何も返せない。
私達は普段あまりプレッシャーにならないように触れないようにしているのに、それ以上どうしたらいいの?そんな不満なら家を出な、とも言われました。
ああ、やっぱりダメだったか。
私の命1つ掛けても何も変わらない。

もちろん、そういう言葉ばかりではなく、私に居なくなれだとか死ねとかは思ってない、みたいなことは言ってました。

何をやっても駄目ですね。
死ぬことも生きることも出来ないくせに、そんな奴が理解されようだとか思うなんて馬鹿な話でした。
私が悪いと謝り続けます。
家族には2度と理解してもらおうだなんて思いません。
私が家族を悪者にしたからいけなかったんです。
全部私が悪かったと、言わなきゃいけないんです。
誰かを頼るのは甘えで、子供のすることなんです。
早く大人になって自立して、甘えないで、みんなつらいんだから私も耐えて、耐えて、頑張って、生きて、私が悪者で、それで、それが普通で、全部私が悪かった。
所詮かわいそうぶってるようにしか、映らないんです。

0417

言葉にするのも難しい

胸のあたりが息苦しい 重い

どうしたらいいかわからない