ここはたのしいホスピタル

よろしくお願いします。文章書くのが好きです。

0420

あれから少し日が経ちました。

お借りした洋服や靴を返しにもう一度大学に行ったところ、先生方が色んなアイディアを出してくれました。

大学に向かうまでの道のりがすごく遠くてしんどくて、家を出てからずっと、私は家族を殺す妄想をしていました。

私が死のうと本気で思ったのを、パフォーマンスじみている、演技がかっていると言ったり、私には構っていられないと軽んじたり、

あの人たちは私を舐めているんだなと思いました。

私だったら、海に飛び込むぐらい追い詰められた人間が家にいて、更に自分たちを恨んでいると分かったら、怖いと感じてしまいます。

また、苦しいのより痛い方が、ずっと楽だなと気付きました。

だから私は、痛い方を選んで、腕を切ったりしていたのだと分かりました。

分かったところでどうしようもありませんけど、やりたくなくてもまた切ることに頼るしかないのかな、とも思い大学に向かいました。

 

先生たちは本当に親身になってお話を聞いてくれて、私が家を出た方がいいと感じたことに対し、取り合えず三か月くらいで三十万を貯めて、大学付近であれば学生街なので家賃が安いのでその辺りで住んで、それまではバイトをしながら正社員の為の就活も合間にするのがいいんじゃないかという話になりました。

明確な目標が無かった私に、それは希望になりました。

さらに、正社員になることが不安だったとも言っていないのに、その案が出て、この人たちは私に無理がないようにと思って色々考えてくれているんだと思いました。

 

お話している間は楽しいのに、頑張って働こうと思って面接を入れて出かけてなるべく家に居ないようにしていても、胸に空いた穴が埋まらなくて、ふとした瞬間に大きくなって、不安が押し寄せて、起こっていないことまで色々と想像して、頑張りたいのに怖くなってしまいます。

私が正社員にならずにバイトを選んだらきっと怒ると、ましてや専門外の仕事を選んだらせっかく就活代をあげたのにと怒られそうと感じてしまいます。

誰も怒ってなくても、そう感じてしまう自分がまたいやになって、どうしてこんな罪悪感に駆られて生きなければならないのかとも思いますが、全部自分が悪かったのだと思うことに帰結してしまって、どうしたらいいか分かりません。

 

メールでカウンセリングも受けていますが、結局最後にはゆっくり眠って下さいということにしか行き着かず、ゆっくり眠っていたら怠けていると思われそうで怖くなります。

この家は家族というより、会社という言葉が当てはまります。

システムに反する人間は順応できるまで調教されるんじゃないかと、思ってしまいます。

明日が来るのが怖いです。