ここはたのしいホスピタル

よろしくお願いします。文章書くのが好きです。

0929

このブログを始めて、半年が経ったらしいです。

そのメールを見て、「私が本気で自殺しようとした日から半年も経ったのか」と感慨深くなりました。

今も状況は変わっていません。

ただ、私は病気なのだと、生まれつき障害を持っているのだと思うと、誰のせいでも無くなるから、病院に行って、いつか手帳を貰って、そういう風になっていけばいいなと思います。

 

話は変わって、気晴らしに映画を見に行きました。

レディースデー安かったので、気になっていた映画を三本見てきました。

最初に見た「ユリゴコロ」がとても良かったです。

以下ネタバレもあるので、見たい人は注意して下さい。

 

途中、リストカット癖のある女性が出てきて、リストカットを止めさせようとした美沙子(ユリゴコロという手記を書いた本人)と約束をするんですよ。

私と一緒に海外に行って、お店を建てよう。あなたはお花でいっぱいに飾り付けて、私は料理を出したら素敵じゃないか、と。

その約束の為にリスカを金輪際止めると女性は言ったのですが、止められず、最終的には美沙子の手で腕を深く切られ死んでしまいます。

そのシーンで、私は涙が止まりませんでした。

海外でお店をやってるのが、見えるよと言いながら死んでいく彼女に、私は悲しさと寂しさを覚えました。

リストカットは確かに依存性があるし、止められない人は一生止められないでしょう。

でも女性には新たな未来が、希望が与えられた。

それなのに約束を破り、リストカットをすることを選んでしまった。

その事実がとても悲しくて、自分にも重なる部分があるような気がして、余計に感情移入してしまいました。

 

翌日、久々の外出で疲れたのかなんなのか分かりませんが、母親と一緒にうどんを食べていて、話していると胸のあたりにざわざわが広がり、気持ち悪くなって階段で吐いてしまいました。

そんなにたくさん食べた訳でもないし、普段もっと食べている時もあります。

だから驚いてしまいました。

そういえば、不安時に飲む薬に「吐き気」とも書いてあって、私はそれを飲みました。

あのざわざわが来ると、もしかしたら気持ち悪くなるのかもしれません。

 

 

広告を非表示にする