うつ病女の徒然日記

よろしくお願いします。文章書くのが好きです。

1204

もう十二月ですね。

私は色々と奔走しまくった結果、また振り出しに戻ってしまいました。

一番近いa型作業所に見学に行き、交通費のことを考えるとそこが一番良いだろうと思い、雰囲気も悪くなかったので体験入所してみることになりました。

ですが、ケースワーカーさんもおっしゃっていた通り精神障がいの方が多いからと言って発達・知的障害の方が居ないという訳ではないので、それは分かってはいましたが、やたらフレンドリーに接してくる方が一人居て、それがとても怖く感じてしまいました。

私が感じていることは差別的なことであり、そういった障がいを持った方には申し訳無いのですが、元々医療職だったこともあって何となく「援助しなければならない」「この人に付き合ってあげなければ傷つけてしまう」と思い、息苦しくなりました。

「おしゃべりするの好きだから話掛けちゃうと思うけど、よろしくね」と言われ、「いや私は喋りに来たんじゃないしそもそも喋るのが怖いし嫌だからこういうところに来てるんですが・・・」と返したかったのですが、はいと言わざるを得なかったです。

お昼を食べる時、学生時代なんかもそうだったのですがグループがある程度出来ているのが外部の私からしても明白に分かるんです。そして、その人は女性陣のいくつかのグループのどこにも所属していないように見えました。私は話し掛けられたくないのでなるべく一人になれる席に座って食事をしました。

グループ、集団といったものに所属するよりも一人が気楽だから孤立しているタイプと、誰かと仲良くしたいけどクセが強くてグループに入れてもらえず孤立するタイプといると思うんですが、私は前者であり、その上後者の人間に絡まれやすい傾向にあります。

しかも後者のようなタイプの方はこちらの気持ちを汲んでくれる気配は無いので、自分から言わなくてはならないのがまたストレスでした。あからさまに話し掛けるなと言うのも気が引けるし、傷つけないで距離を置く方法を・・・とただでさえ絞まっている自分の首を絞める作業を繰り返してしまいます。

業務上の会話なら問題は無く、作業自体も普通に出来るのですがその類の方々と接することがどこの作業所に行こうともあるのだと考えるととても苦しくて、そんな理由で逃げようとしている自分が情けなくて惨めで、それでも私は逃げることを選びました。

 

と言っても、一週間体験予定のうちのたった一日でこうなったんですけどね・・

だから尚更悔しかったです。その程度でつまづいて立ち上がれなくなることが苦痛でした。

もう一つ言えるのは、みなさん病気とは思えないくらい元気なんですよね。

休憩時間を三十分おきぐらいに取るんですが、その間の「雑談しなくてはならない」ような空気が怖かったです。笑い声とか笑顔を見ると益々嫌悪感が込み上げて来て、なんでこの人たち笑ってるんだろう、私と同じなら、人と喋りたくなんか無い筈だ、人と関係を築くことに喜びを見出すなんてこと出来ない筈だと思っていました。

同じじゃなかったんです。あそこに居る人達は新入りである私を受け入れようとしてくれたんでしょうが、私にはそれが恐怖でしかなかったです。

 

a型作業所で感じたことを先生に話に行き、またケースワーカーさんとの相談をすることになりました。

でも焦りが消えなくて、アルバイトの面接にも行きましたが門前払いされたりして死にたくなりました。

たった数か月しか働いていないし、資格を持っているならまたその仕事でやっていけばいいじゃないと言われ何も言い返せませんでした。

それに人の目も見ることが出来ない、変な方向見て話してる人には出来ないとまで言われ、その通りではあるんですがその場から早く立ち去りたくて仕方無かったです。

母親にもそれは言われたことがあります。資格があるんだから勿体ないと。

取りたくて取ったものじゃないのに、明らかに向いていない仕事なのに何故やらなければならないのだろうと就活中もずっと悩み続け、虚しくて死にたくて、こんなものがあるから私は別の世界に行けないんだと思いました。

 

バイトも作業所もダメで、その理由を言うと姉が「なら派遣にすれば」と言いました。

派遣社員は色んな人がいるし、必要以上に社員同士で喋ることもほとんど無かったと以前派遣だった姉が言っていたので、とりあえず登録会に行ってみようと思います。

作業所だとパソコン関係の仕事は出来ませんし、スキルも早い内に身に着けたいので、普通の環境で、普通に働くのが一番なのかなと今の所は考えています。

ちなみに姉は仕事は別に難しいこと任されないけど暇な時間が出来るのが物足りないとか、自分の行きたいイベントの都合で休むことが多くなり先方からもう来なくていいと言われ辞めたそうです。仕事を辞める、辞めさせられるのにも理由は様々なんだなあと思いました。

つまりは暇な時間が出来るくらいのペースで仕事が出来るだろうし、雑談もしなくていい場所でお金を稼げるということなんでしょう。(交通費は全額自分負担らしいですが)

 

ケースワーカーさんがa型で上手くいったらすごいと言ったのは的中してしまいましたね。

せめて今あるお金が無くなる前には仕事にありつけたら良いのですが、また失敗したら次があるのか、と考えるとキリがありません。出来れば、年内には無職を卒業したいです。そこにメンタルを追い付かせる方法があればもっと良いのに、ともどかしくもあります。

お金は減るし、時間は経つし、病気は良くなってるのか悪くなってるのか分からないし、もう生きていなくてもいいやと心底思うのですが命を絶つ程の苦痛では無いのでそれが来るまではやってみることにします。