うつ病女の徒然日記

よろしくお願いします。文章書くのが好きです。

0209

魔の三日間を抜け出し、私は今爆走しています。

急ピッチで物事を決め、進める癖は良くないとは分かっているのですが、どうも治りませんね。

今は躁っぽい状態なので「働いてみたい!」という意思が強く、しかし母と担当医にも危惧されましたが「あまり急ぎ過ぎないでね」と適度にブレーキをかけるようにも言われました。

だって色々手続きするのに時間掛かるじゃないですか。受給者証とか、意見書とか。

だから先手を売って行動するに越したことはないと思うのですが、多分三か月くらいしたらまた極度の鬱状態になると予想しています。多分。

実は色々な闘病記を読みまして、学ぶことがたくさんありました。

 

まずは「うつヌケ」。

これは一度読んでみたかった本です。主にうつを乗り切った人たちのそれぞれの体験を漫画にしてまとめてある本です。漫画なので読みやすかったです。

内容としては非常にパワフルな印象を受けました。死にたさマックスの人にはおすすめしないかな、という感じです。死にたい、つらいと思っている最中に読むと、「この人たちは回復出来てるのに、私は・・・」と比較してしまいそうなので元気な時に読んで「なるほど~」と思う程度でいいと思います。

学びとしては、「うつトンネル」というワードです。

「うつトンネル」に入ると仕事への集中力が無くなる、注意散漫になる、そして仕事場で怒られることが多くなり自分をより一層責め、うつは悪化していく。その長いトンネルを抜けたとしても、仕事をバリバリやり過ぎて二回目の「うつトンネル」に突入してしまう。

私もよくトンネル入ってます。何回か入ってるんでしょうが、明確に発見されたのはつい最近、仕事を辞めてからだと思います。

 

次に、「ツレがうつになりまして」を読みました。

うつになった旦那さんと、それを見守る奥さんの話です。こちらも漫画です。

これは奥さん目線(うつじゃない人の視点)で描かれているので、身の回りでうつっぽい人がいるかも、と思った人にはおすすめじゃないかと。

うつ病になった本人である旦那さんの気持ちもちゃんと描かれてはいますが、どちらかと言うとうつ病になった人の家族や友人なんかにうつ病についての理解を深めてもらう第一歩になる一冊かなと思いました。

 

まああくまで個人の所感ですので、そんなに真に受けず気になるなーと思ったら是非読んでみて下さい。どちらも読みごたえのある本でした。

この二冊を読んで共通している点、そして私自身も体験している点が一つあることに気付きました。

天気です。

気温差・気圧差によってうつ病って影響を受けやすいみたいなんです。

人それぞれ何週間、あるいは何か月か経つと良くなったり悪くなったりする、という周期があるかと思いますが、やっぱりこれはどの闘病記にも共通して言えることのように思います。

なので、季節の変わり目ですとか、台風が来るだとか、そういった天候によって左右されているという節は充分にあると思いますので、具合が悪くなった時は「天気のせいかな・・・」と考えるとちょっとは気がラクになる・・・かもしれないですね。

 

続いて三冊目。「この地獄を生きるのだ」。

タイトルの通りメチャクチャヘビーな内容でした。よくここまで生きて下さったなあと思います。他人事のような言い方しか出来ませんが、地獄から何とか這い上がったサバイバーとして、とても尊敬出来る方です。

ブラック企業で働き自殺未遂を図り、生活保護を受けながら生活するもやる気のない保護ケースワーカーとの間で摩擦があったり・・・とかなりの困難を体験した闘病記になっています。

とにかく良い病院を、と病院巡りをし辿り着いた先でよく分からない商売に巻き込まれたりと、生きていくだけでつらかったであろう作者さんが病院でも苦しみ、生活にも苦しみ・・・想像を絶する人生を歩まれたのだと思います。

三冊読んだ中でも一番印象深かったのがこの本でした。

 

読書感想は終わりです。

結局、私は派遣でもアルバイトでもなくa型作業所で働いてみることにしました。

立地条件が良く、仕事内容も幅広いので社会勉強にもなるかと思います。

まあ、面接に受かって先生からのオッケーをもらえないと元も子も無いんですけど・・・

でも自分の食い扶持くらいは自分で何とかしたいし、自分で稼いだお金で好きなものを買ったり食べたり、そういう普通の生活を取り戻し始めたいんです。

正直な所もう残金が無い!のが本音ですが、家族とはお金の相談もしてあるのでなんとかなると信じましょう。

ハロワの紹介状ももぎ取って来たので、さっそく連休明けに面接です。

受かるといいなあ・・・